職場の雰囲気に自分が適合することが大事。

Sponsored Link

職場の雰囲気は根本的に変えることはできない

「職場の雰囲気や人間関係って大事だよね」という話をよく聞きます。常にピリピリしている施設は、人に聞きにくい環境となり、会話が少なく個人プレーになる傾向があります。逆にアットホームな施設は、緩い分ダラダラと仕事をする傾向があります。

 

 

職場の雰囲気は長年のそこの施設が作り上げている環境なので、根本的に変えることが難しいです。科長などの上の人が、下の人の意見を聞く機会がある施設なら可能性がありますが、そのような施設はほぼないのではないでしょうか。

 

 

もし根本的に変えたいと思うなら、長年勤めて自ら科長となり、上の人達と話せる立場になりましょう。しかしそれは途方もなく長年の歳月を要し、かつ科長が辞めない限りは無理です。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

施設に自分を適応させる

よって、自分がそこの施設に適応することが基本となります。

 

人間ですので、どうしても合わない環境だったり、合わない人がいるのは仕方ありません。私も職場に対する不満があったり、苦手な人はいます。

 

そのような状況に陥るのは、自分の中にある基準と大きくかけ離れているため、違和感を感じたり、イライラしたりします。だいたい常にイライラしている人は、その人の中の基準がかなり高いです。言ってしまえば、自分の中のルールが絶対だと思い込み、融通がきかない人です。

 

ですので、自分の中の基準を下げ、「こんな考え方もあるのか」と相手を理解しようと努めることが大事です。それでも無理なら、「今自分は苦手な人や環境を克服して、レベルアップしているんだ」と思い込み、自分を奮い立たせましょう。そう考えるだけでも、自分のルールにだけとらわれずに、視野がグッと広がると思います。

 

どうしても無理なら、「自分は絶対こんなんにならないようにしよう」と心の中で決意して、その後は自分の行動に反映しましょう。人の振り見て我が振り直せですね。思いのほか自分もそのような言動をしている可能性もあります。

 

また距離をとるのも一つの手です。そのときはイライラして冷静に自分も考えられなくなっています。いったん距離を置くことで、後日冷静に考えられます。

 

 

最後の手段として、転職があります。しかし自分の人生を大きく左右することになるので、よく考えてから転職しましょう。

 

 

まとめ

  • 職場の雰囲気を変えることは難しいため、自分が適応する必要がある。
  • どうしても無理なら転職を考える。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

Sponsored Link

職場の雰囲気は根本的に変えることはできない。 関連ページ

薬学部のオスキー(OSCE)を合格するには
オスキー(OSCE)が薬学部にも6年制となったため、導入されました。合格するための対策としては、最後までやり通すことが一番です。この絶対条件を元に、合格のためのヒントを載せています。
薬学部のCBTを合格するには
薬学部が6年制になったのに伴い、CBTが導入されました。CBTに合格するためには、効率よく正しく勉強することが大事で、まず薬理から手をつけることをオススメします。受かるためのヒントを載せました。
実習先を知るには先輩から情報を。
薬学部では、薬局実習と病院実習があります。実習が自分の人生や、仕事、キャリアに影響を与えるでしょう。はずれの実習場所とならないようにするためには先輩から話を聞くのが一番です。
病院実習、3つの特徴
病院実習では、点滴に触れられること、患者さんと退院まで関われること、チーム医療ができることなどが特徴としてあげられます。新人や実習生のうちにたくさんミスして学びましょう。
治験病院、自分の得意と苦手を知る。
新薬が世に出るには治験をしなければなりません。私はこの実習を通して企業は向いていないと感じました。実習をしたときには、自分は何が得意で、苦手なのかを把握するいいチャンスとなります。
薬局実習、4つの特徴
薬局実習では、患者さんを満足させながらも効率よく仕事をする力が重要となります。特徴としては、薬の種類が多い、推察力が求められる、臨機応変、効率性が求められる、地域制などがあげられます。
人生とキャリアをイメージする
自分の人生を少し長い目で見て、自分なりの優先順位をつけて仕事選びをすることが重要です。主に仕事内容、就業時間、給与、通勤時間、職場の雰囲気などが要素となってきます。
仕事内容は自分が何をしたいのか考える。
新人や実習生は、仕事内容にこだわれる時間があります。就職する際には、仕事内容は大きな要因となりえます。自分がどういった仕事をしたいのかよく考えて選びましょう。
働きたくない人は就業時間を気にしよう
募集要項の就業時間だけに騙されてはいけません。残業時間、休暇制度、特殊休暇、有給消化率などを総合的に考えて決めましょう。
見た目だけの給料に騙されるな。
給料は高いことに越したことはありません。募集要項をじっくり読み、基本給、ボーナス、福利厚生、残業代を総合した合計金額で比較するようにしましょう。実習生や新人は給料の高望みはできないです。
家事とお金と通勤時間
通勤時間は短いほうがいいです。一人暮らしか実家なのかで大きく変わってきます。お金や家事、近さなどから総合的に通勤時間を考える必要があります。
薬剤師の就職と転職
薬剤師の就職活動の方法は、学校経由と就職会社経由の2つがあります。それぞれの方法について、メリットとデメリットについて考えてみます。私個人の意見では、就職会社経由の方が圧倒的に楽だし、便利です。
病院薬剤師と薬局薬剤師
病院薬剤師は薬局薬剤師に比べて、給料が安いです。ただ勉強したいからといって社畜をしているのは時間がもったいないです。薬局薬剤師もかかりつけが必須となり、今後時代の流れに対応できる薬剤師が求められます。

 
HOME プロフィール お問い合わせ