家事とお金と通勤時間

家事とお金と通勤時間

通勤時間は短いほうがいいです。一人暮らしか実家なのかで大きく変わってきます。お金や家事、近さなどから総合的に通勤時間を考える必要があります。

Sponsored Link

家事とお金と通勤時間

通勤時間は短いに越したことがないと思います。私は家から1時間以内がいいです。遠くから苦労して通勤している方に怒られてしまいそうですが、私の場合、それ以上だと出勤しても仕事になりません。

 

前ページ、治験病院、自分の得意と苦手を知るで通勤した治験の病院が、自宅からだと1時間30分以上かかり、かなりしんどかった記憶があります。それ以来、就職するなら近いところにしないと、自分は使い物にならないと思いました。

 

通勤時間を決めるには、独身であれば、まず、実家からなのか、1人暮らしするのかを考えないといけません。どちらなのかによってだいぶ変わってくると思います。通勤時間を考えるにあたっては、家事とお金がキーワードとなってきます。

 

 

実家暮らし

実家からであれば、通勤するのに時間がかかるのがデメリットですが、1人暮らしよりお金が貯まり、身の回りのことをある程度やってもらえるのがメリットだと思います。

 

そして実家からの場合は、どのような交通機関で通うのかを考えなくてはなりません。

 

電車は比較的定刻に来ることも多く、地方でなければ10分に1本くらいはくるのではないでしょうか。災害がない限りは、安定します。

 

バスは交通状況に影響を受け、電車に比べて本数が少ない可能性があります。バスは雨とかでも交通量が増えて、遅刻する可能性もあります(遅延届を提出すればいいですが)。

 

自家用車をお持ちの方は、自家用車で出勤が可能なのかも聞いておく必要があります。

 

いずれにしても、どのような交通機関で、どれくらいの時間がかかるのかを知っておくべきです。どれ位かかるのかを見学の時に把握すると良いと思います。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

 

一人暮らし

1人暮らしはお金がかかり、身の回りのことをしなければならないのがデメリットですが、近いのがメリットです。

 

基本的には通勤内容に困ることはなく、歩きや自転車などでの通勤となるでしょう。近い分、家事などの身の回りのことに時間を割かなくてはなりません。

 

1人暮らしをする物件探しですが、施設によっては、施設が提携している寮があり、格安で1人暮らしできる可能性もあります。また福利厚生の一つとして、住宅手当がかなりもらえる場所もあるので、お金と相談して決めるといいです。

 

 

通勤で疲れてしまうと、仕事のパフォーマンスの低下に繋がるので、家事やお金と相談しながら、無理のない通勤方法ができる施設にしましょう。

 

まとめ

お金や家事と相談して、実家暮らしか一人暮らしを決める。

就職や転職でお悩みの方はコチラ!私はここで年収120万円上がりました

Sponsored Link