薬局実習の特徴を把握して実習に臨む

Sponsored Link

薬局実習、4つの特徴

薬局実習は、市などの範囲のエリアを選び、その中から実習可能な施設がランダムに選ばれます。ですので、自分でエリアを選ぶことしかできません。
これも病院みたいに施設を選択出来れば良いのにと思います。おかしなシステムです。おそらく大学と提携している薬局となると、大学間での薬局の争奪戦になってしまうからでしょう。あと提携し過ぎた結果、応募に偏りがあり実習生を派遣できない施設が出てくるなどの問題もあるからだと思います。他にも理由があるのでしょうが。

 

私の薬局実習

私は自分の住んでいるエリアを選び、家から30分くらいの薬局となりました。肛門科の門前で、だいたい200種類くらいの薬が置いてあったと思います。
実習内容としては、朝の掃除、調剤、服薬指導、薬局製剤の作成、薬の発注が基本的な業務でした。日によっては、市の勉強会、在宅、学校薬剤師などもありました。

 

 

肛門科の門前ということで、坐剤や下剤などが多かったです。ですので、実習開始後すぐに服薬指導となりました。私はこの時に何を聞けばいいのか(特に症状など)わからないことがあったので、自分に足りないものを把握して家に帰った後に勉強したり、先生に教えてもらったりしました。徐々に知識がついてきて、実習の最後のあたりになると、1日15人服薬指導したりなど出来るようになりました。(その後の薬歴を書くのが地獄でしたが)

 

 

薬局製剤は、UEHクリームというハンドクリームを作りました。実習生に服薬指導となってしまった患者さんに対しての感謝の意味もこめて、10gほどのサンプルサイズで配りました。再び来局した患者さんが、服薬指導の際に「大きいサイズを買いたいのですが…」ということもあり、売り上げが良かったです。その薬局製剤も私たちが暇な時間作っていました。

 

 

薬の発注も実習生が行い、責任を持って行いました。はじめのうちは慣れずに不足してしまい、実習の相方と一緒に怒られていました。

 

 

実習をしながらも、「管理薬剤師さんは、経済面でも業務面でもうまく実習生を使っているな」と感じました。働いた分は、食事をおごってもらったりしたので、バランスの取り方が上手いと思いました。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

外部の仕事としては、学校薬剤師を経験出来たのが大きかったです。

 

百葉箱での測定もしましたが、特に小学校6年生に向けて麻薬の勉強会をしたのを今でも覚えています。3クラスあり、はじめの2クラスは薬剤師の先生がお話していたのですが、最後のクラスになると、先生から「あなたたちだけでやりなさい」という無茶振りが来て、相方と即興で話しました。

 

学校の宿題で感想文があったのでしょう、後日学校の先生から感想文のコピーが送られてきました。「麻薬はゼッタイダメだと思いました。」のような小学生の文章を見ると、なんだか微笑ましい気持ちになりました。また「将来、先生たちのように、かっこいい薬剤師になりたいです。どうすればなれますか?」といったコメントももらい、お世辞ながらもモチベーションが上がりました。

 

 

薬局実習の4つの特徴

 

@薬の種類が多い

 

点滴が無い分、主に内服薬が様々な種類を揃えています。患者さんのニーズに応えるために様々な規格があったり、ジェネリックを取り揃えているので、調剤ミスしない工夫も必要です。病院と比べると長期処方の可能性が高く、薬の動きの幅も大きいです。在庫をうまく管理するシステムも重要です。

 

 

A推察力

 

カルテを気軽に見られる病院とは違って、薬局では基本的には見られません。処方内容と患者さんの話から推察したり、疑問に思う力が求められます。言い方があれですが、病院と比べると症状が軽かったり、会話が成り立つ患者さんが多いと思うので、渋滞を招かない程度に話をして情報を収集したり、提供しまししょう。

 

 

B臨機応変、効率性

 

薬局は落ち着いている時間帯とピークの時間帯があります。ピークの時間帯には待合室に患者さんがたくさん座って待っています。待たされすぎると怒る患者さんもいて、その対応に1人取られることになるので、さらなる渋滞を招きます。そのため、効率よく回せるよう考える必要があります。薬局に限ったことでは無いですが、臨機応変に対応する力も求められます。

 

 

C地域性

 

在宅業務であったり、私のように学校薬剤師として地域に密着して関われると思います。また将来的に入院とならないように、薬局で健康をサポートすることが重要です。場合によっては受診勧告を判断しなければならないこともあります。

 

 

病院実習のページでも話しましたが、これら薬局特徴を意識して実習をしましょう。病院でもそうですが、特に薬局は患者さんを満足させながらも効率良く仕事をする力が求められます。

 

まとめ

  • 薬局実習は、薬の種類が多いこと、推察力が求められること、効率性が求められること、地域に密着して関われることが特徴としてあげられる。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

Sponsored Link

薬局実習、4つの特徴 関連ページ

薬学部のオスキー(OSCE)を合格するには
オスキー(OSCE)が薬学部にも6年制となったため、導入されました。合格するための対策としては、最後までやり通すことが一番です。この絶対条件を元に、合格のためのヒントを載せています。
薬学部のCBTを合格するには
薬学部が6年制になったのに伴い、CBTが導入されました。CBTに合格するためには、効率よく正しく勉強することが大事で、まず薬理から手をつけることをオススメします。受かるためのヒントを載せました。
実習先を知るには先輩から情報を。
薬学部では、薬局実習と病院実習があります。実習が自分の人生や、仕事、キャリアに影響を与えるでしょう。はずれの実習場所とならないようにするためには先輩から話を聞くのが一番です。
病院実習、3つの特徴
病院実習では、点滴に触れられること、患者さんと退院まで関われること、チーム医療ができることなどが特徴としてあげられます。新人や実習生のうちにたくさんミスして学びましょう。
治験病院、自分の得意と苦手を知る。
新薬が世に出るには治験をしなければなりません。私はこの実習を通して企業は向いていないと感じました。実習をしたときには、自分は何が得意で、苦手なのかを把握するいいチャンスとなります。
人生とキャリアをイメージする
自分の人生を少し長い目で見て、自分なりの優先順位をつけて仕事選びをすることが重要です。主に仕事内容、就業時間、給与、通勤時間、職場の雰囲気などが要素となってきます。
仕事内容は自分が何をしたいのか考える。
新人や実習生は、仕事内容にこだわれる時間があります。就職する際には、仕事内容は大きな要因となりえます。自分がどういった仕事をしたいのかよく考えて選びましょう。
働きたくない人は就業時間を気にしよう
募集要項の就業時間だけに騙されてはいけません。残業時間、休暇制度、特殊休暇、有給消化率などを総合的に考えて決めましょう。
見た目だけの給料に騙されるな。
給料は高いことに越したことはありません。募集要項をじっくり読み、基本給、ボーナス、福利厚生、残業代を総合した合計金額で比較するようにしましょう。実習生や新人は給料の高望みはできないです。
家事とお金と通勤時間
通勤時間は短いほうがいいです。一人暮らしか実家なのかで大きく変わってきます。お金や家事、近さなどから総合的に通勤時間を考える必要があります。
職場の雰囲気は根本的に変えることはできない。
職場の雰囲気は長年のそこの施設が作り上げているので、根本的に変えるのは難しいです。ですので自分が適応することが重要となります。イライラや不満がたまった最後の手段として転職があります。
薬剤師の就職と転職
薬剤師の就職活動の方法は、学校経由と就職会社経由の2つがあります。それぞれの方法について、メリットとデメリットについて考えてみます。私個人の意見では、就職会社経由の方が圧倒的に楽だし、便利です。
病院薬剤師と薬局薬剤師
病院薬剤師は薬局薬剤師に比べて、給料が安いです。ただ勉強したいからといって社畜をしているのは時間がもったいないです。薬局薬剤師もかかりつけが必須となり、今後時代の流れに対応できる薬剤師が求められます。

 
HOME プロフィール お問い合わせ