有機化合物の命名法、官能基が複数ある場合

Sponsored Link

有機化合物の命名法、官能基が複数ある場合

前回の有機化合物の命名法、アミドまでで一通り基本の命名法を見てきました。今回は複数の官能基をもつ場合の命名法について見ていきます。

 

 

官能基が複数ある場合の命名法

今までは官能基が1つでシンプルなものでしたが、官能基が複数ある場合の命名法は官能基の優先順位を考えなければなりません。例えば、アルコールとカルボン酸をもった化合物がある場合、カルボン酸が優先されて命名されます。これはどのように決められているのでしょうか?

 

まず結論となりますがおおむね以下の図になるので、この図を叩き込んでください。

 

 

この図を見た上で見分け方マニュアルです。

 

  1. イオンがあるか
  2. C=Oがあるか
  3. 官能基がカルボン酸由来か
  4. O>S>N(おっさん)
  5. Hがあるか

 

この手順で見分けていけば、国試の命名法の大部分は対応できると思います。

 

 

結論から言うと、優先順位はこの順番となりますが、このマニュアルをもとに、先ほどの官能基を仕分けてみます。

 

まずイオンは最強なのでイオンがあるかどうかを見ます。これによって、優先順位はイオン>イオン以外となります。イオン以外のものを仕分けていきます。

 

二番目に構造式内にC=Oを持っているかです。C=Oを持っている代表例には、カルボン酸、エステル、アミド、アルデヒド、ケトンなどがあります。よって、カルボン酸、エステル、アミド、アルデヒド、ケトン>アルコール、チオール、アミンとなります。

 

三番目に官能基がカルボン酸由来かどうかです。カルボン酸は当たり前ですが、エステル、アミドなどはカルボン酸から水がとれてできます。それに対してアルデヒドやケトンはカルボニルです。よって、カルボン酸、エステル、アミド>アルデヒド、ケトンという優先順位ができます。

 

四番目に官能基の原子がO>S>Nの順に優先されます。覚え方としてはおっさんがいいと思います。これでカルボン酸、エステル>アミドとなります。一方で二番目で仕分けられたアルコール、チオール、アミンの優先順位も決着がつきます。O>S>Nなので、アルコール>チオール>アミンという優先順位になります。

 

最後に官能基にHがあるかです。これによって、カルボン酸>エステルという優先順位となります。そして三番目で仕分けられたアルデヒドとケトンもアルデヒド>ケトンという優先順位となります。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

置換基の名前

今まで基礎編でメチル基などを見てきましたが、先ほども学んだように今まで母体として使われていた官能基が置換基として扱われることもあるわけです。例えば先ほど仕分けたものの官能基が置換基として扱われるときには以下のような名前となります。

 

  • カルボン酸;carboxy
  • エステル;alkyl-oate
  • アミド;carbamoyl-
  • アルデヒド;formyl-
  • ケトン;oxo-
  • アルコール;hydroxy-
  • チオール;sulfanyl-
  • アミン;amino-

 

それでは例題を見てみましょう。

 

例題1

次の有機化合物の命名をせよ

 

 

今回のお題のように、構造式を見ると、OH、NH2、COOHと複数の官能基があります。しかし、いつもとやることは変わりません。まず何の官能基かを判断します。先ほどの見分け方マニュアルにしたがいやっていきます。

 

まずイオンはないのでここは飛ばします。

 

次はC=Oを探すと、カルボン酸があるため該当します。よってこの化合物はカルボン酸が母体であると判断できます。あとはいつもと同じです。このカルボン酸は炭素数が4であるためブタン酸となります。

 

位置番号は右からつけるため、2番目にアミノ基、3番目にヒドロキシ基がついていることになります。置換基はアルファベット順で並べるため、2-アミノ-3-ヒドロキシブタン酸。これが答えです。

 

 

まとめ

  • 官能基が複数ある場合は、優先順位に注意する。

Sponsored Link

有機化合物の命名法、官能基が複数ある場合 関連ページ

有機化合物の命名法、アルカンとアルキル基
有機化合物の命名法をするには、最低限、数詞、アルカン、アルキル基は覚えてください。これらを覚えることで有機化合物の命名法の基礎ができてきます。
有機化合物の命名法、アルケン
分子内に二重結合を1つもつ炭化水素をアルケン(alkene)と呼び、CnH2nで表されます。アルケンの新しい命名法では○○-数字-エンという書き方をし、二重結合の位置を最小とするように番号をつけます。
有機化合物の命名法、アルキン
分子内に三重結合を1つ持つ炭化水素はアルキン(alkyne)と呼ばれ、CnH2n-2で表されます。アルキンの新しい命名法では、○○-数字-インという書き方をし、三重結合が一番小さくなるように番号をつけます。
有機化合物の命名法、アルコール
アルコールの官能基はOHであり、アルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)これらのeを省略してオール(ol)をつけて命名法が行われます。
有機化合物の命名法、チオール
チオールの官能基はSHでありアルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)にチオール(thiol)をつけて命名します。チオールはスカンクのおならの臭い、にんにくの臭いなど独特の臭いを持っていることがあります。
有機化合物の命名法、アミン
アミンの官能基はNH2であり、2つの命名法があります。アルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)これらのeを省略してアミン(amine)をつけて命名、もう一つはアルキル基についているととらえて命名します。
有機化合物の命名法、ケトン
ケトンの官能基はC=Oであり、アルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)これらのeを省略してオン(one)をつけて命名します。ケトンの命名法はC=Oの炭素を含む母体鎖にオンをつけます。
有機化合物の命名法、アルデヒド
アルデヒドの官能基はCHOで、アルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)これらのeを省略してアール(al)をつけて命名します。環状の場合は環の名称の後にカルボアルデヒド(carbaldehyde)をつけて命名します。
有機化合物の命名法、カルボン酸
カルボン酸の官能基はCOOHでアルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)これらのeを省略して酸(oic acid)をつけて命名、環状の場合は環の後にカルボン酸(carboxylic acid)をつけて命名します。
有機化合物の命名法、エステル
エステルはカルボン酸とアルコールから水が取れてできる化合物でR1-COO-R2といった形をとります。エステルの日本語の命名法は酸の名前に続けて、アルコールをアルキル基に変えたものを続けて読みます。
有機化合物の命名法、アミド
アミドは一般的にカルボン酸とアミンから水がとれてできる化合物であり、官能基としてはR1-CONH-R2という形で表されます。アミドはカルボン酸の語尾oic acidをアミド(amide)に変えて命名します。

 
HOME プロフィール お問い合わせ