有機化合物の命名法、ケトン

Sponsored Link

有機化合物の命名法、ケトン

前回の有機化合物の命名法、アミンではアミンの命名法を見ました。今回はケトンの命名法を見ていきます。

 

 

ケトン

ケトンの官能基はC=Oであり、アルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)これらのeを省略してオン(one)をつけて命名します。

 

早速例題に行きましょう。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

例題1

次の有機化合物の命名をせよ

 

 

まずいつものようにケトンであることを認識します。次に炭素鎖ですが、今回はケトンなので、母体に官能基が含まれるので少し事情が変わります。ケトンの場合はC=Oの炭素を含む母体鎖にオンをつけて命名します。

 

今回はケトンを含めて炭素鎖は5つなので、ペンタンにケトンがついていると考えます。左から番号をつけていくと、ケトンがある炭素は2番目なので、ペンタン-2-オン。これが答えです。

 

 

例題2

次の有機化合物の命名をせよ

 

 

先ほどの構造式に二重結合が入っています。まず変わらず、ケトンであることを認識します。炭素鎖は変わらず5個なのでペンテンとなります。左から番号をつけていくと、二重結合の位置は4番目となるので、ペンタ-4-エンとなります。

 

これにケトンをくっつけます。2番目にケトンがくっついているので、ペンタ-4-エン-2-オン。これが答えです。エン、オンとなるのがミソです。

 

例題3

次の有機化合物の命名をせよ

 

 

今回もケトンであることを認識します。しかし今回はケトンが2つついているのが違います。アルコールのところで確認したように、同じ構造を複数持つ場合は倍数接語(ジ、トリなど)を使うというルールなので、これはジオンとなります。左から番号をつけると、2番目と4番目にケトンがついているため、2,4-ジオンとなります。

 

次に炭素鎖をみると、ケトン含めて6つなのでヘキサンに先ほどの2,4-ジオンがついていると考えることができるため、ヘキサン-2,4-ジオン。これが答えです。

 

ケトンは炭素を含み、かつ構造上、炭素に挟まれる官能基であり、少し今までと違うので間違えないように気をつけましょう。次回のアルデヒドも同じ考え方をするためしっかりとここで押さえておきましょう。

 

まとめ

  • ケトンの官能基はC=Oであり、アルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)これらのeを省略してオン(one)をつけて命名する
  • ケトンの場合はC=Oの炭素を含む母体鎖にオンをつけて命名する。
  • ケトンを複数含む場合は、倍数接語(ジ、トリなど)を使って命名する。

Sponsored Link

有機化合物の命名法、ケトン 関連ページ

有機化合物の命名法、アルカンとアルキル基
有機化合物の命名法をするには、最低限、数詞、アルカン、アルキル基は覚えてください。これらを覚えることで有機化合物の命名法の基礎ができてきます。
有機化合物の命名法、アルケン
分子内に二重結合を1つもつ炭化水素をアルケン(alkene)と呼び、CnH2nで表されます。アルケンの新しい命名法では○○-数字-エンという書き方をし、二重結合の位置を最小とするように番号をつけます。
有機化合物の命名法、アルキン
分子内に三重結合を1つ持つ炭化水素はアルキン(alkyne)と呼ばれ、CnH2n-2で表されます。アルキンの新しい命名法では、○○-数字-インという書き方をし、三重結合が一番小さくなるように番号をつけます。
有機化合物の命名法、アルコール
アルコールの官能基はOHであり、アルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)これらのeを省略してオール(ol)をつけて命名法が行われます。
有機化合物の命名法、チオール
チオールの官能基はSHでありアルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)にチオール(thiol)をつけて命名します。チオールはスカンクのおならの臭い、にんにくの臭いなど独特の臭いを持っていることがあります。
有機化合物の命名法、アミン
アミンの官能基はNH2であり、2つの命名法があります。アルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)これらのeを省略してアミン(amine)をつけて命名、もう一つはアルキル基についているととらえて命名します。

 
HOME プロフィール お問い合わせ