有機化合物の命名法、アミン

Sponsored Link

有機化合物の命名法、アミン

前回の有機化合物の命名法、チオールではチオールについて見てきました。今回はアミンの命名法について見ていきたいと思います。

 

 

アミン

アミンの官能基はNH2であり、2つの名前の付け方があります。

 

  • アルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)これらのeを省略してアミン(amine)をつけて命名
  • アルキル基にアミンがついているととらえて命名

 

その他もルールはアルコールの命名法と変わらないので早速例題を見てみましょう。

 

例題1

次の有機化合物の命名をせよ

 

 

いつものようにまずアミンであることを認識します。次に炭素鎖です。今回は炭素鎖は1なのでメタンということがわかります。冒頭で確認したようにアミンは2つの命名法がありました。

 

アルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)これらのeを省略してアミン(amine)をつけて命名

この場合はメタンにアミンがついているということになるので、メタンアミン。これが答えとなります。

 

アルキル基にアミンがついているととらえて命名

メチル基にアミンがついていると考えると、メチルアミン。これが答えとなります。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

例題2

次の有機化合物の命名をせよ

 

 

まずアミンであることを認識します。先ほどの例題1のアミンは枝分かれがない、炭素に直接くっつく第一級アミンでした。今回のアミンは枝分かれをしていて、第二級アミンとわかります。この場合は少し変わってきます。

 

アルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)これらのeを省略してアミン(amine)をつけて命名

先ほどの例題1と同様に、次に最長の炭素鎖を探します。そうすると炭素鎖は右側についている2個が最長となります。よってエタンアミンが母体ということがわかります。

 

 

このエタンアミンに置換基のメチル基がついていると考えます。今までは数字で位置を表していましたが、今回はNにメチル基がくっついていて数字で表すことは困難です。よって第二級アミンなどの場合は、Nにメチル基がついていると表現するためにN-メチルと表現します。

 

これらを合わせて、N-メチルエタンアミン。これが答えです。

 

アルキル基にアミンがついているととらえて命名

こちらはアミンに、メチル基とエチル基がくっついていると考えます。アルカンのところで確認したように置換基はアルファベット順で早い方を先におくため、エチル基の方がメチル基より先に置く必要があります。

 

 

これらのことより、エチルメチルアミン。これが答えです。

 

まとめ

  • アミンの官能基はNH2であり、2つの名前の付け方がある。
  • アルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)これらのeを省略してアミン(amine)をつけて命名
  • アルキル基にアミンがついているととらえて命名

Sponsored Link

有機化合物の命名法、アミン 関連ページ

有機化合物の命名法、アルカンとアルキル基
有機化合物の命名法をするには、最低限、数詞、アルカン、アルキル基は覚えてください。これらを覚えることで有機化合物の命名法の基礎ができてきます。
有機化合物の命名法、アルケン
分子内に二重結合を1つもつ炭化水素をアルケン(alkene)と呼び、CnH2nで表されます。アルケンの新しい命名法では○○-数字-エンという書き方をし、二重結合の位置を最小とするように番号をつけます。
有機化合物の命名法、アルキン
分子内に三重結合を1つ持つ炭化水素はアルキン(alkyne)と呼ばれ、CnH2n-2で表されます。アルキンの新しい命名法では、○○-数字-インという書き方をし、三重結合が一番小さくなるように番号をつけます。
有機化合物の命名法、アルコール
アルコールの官能基はOHであり、アルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)これらのeを省略してオール(ol)をつけて命名法が行われます。
有機化合物の命名法、チオール
チオールの官能基はSHでありアルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)にチオール(thiol)をつけて命名します。チオールはスカンクのおならの臭い、にんにくの臭いなど独特の臭いを持っていることがあります。

 
HOME プロフィール お問い合わせ