共鳴構造は、二重結合、単結合、マイナスの形が基本の考え方

Sponsored Link

共鳴構造の基本の考え方

前回のsp3混成軌道、sp2混成軌道、sp混成軌道例題編では例題を交えながら混成軌道を見ました。今回は混成軌道と同じくらい大事な共鳴についてみていきます。共鳴もできないとこれから先の反応機構などでつまづいてしまうためしっかり理解する必要があります。

 

 

共鳴

共鳴は結合や電荷がπ結合を介して分散することを言います。共有結合において電子は一か所にとどまるよりか、分散していた方がエネルギー的に安定します。このエネルギー的に安定という考え方が今後大事になってくる考え方で、それを成し遂げる1つの方法が共鳴となります。

 

共鳴は原子の位置は変わらず、あくまでも電子の位置が変わるだけなので注意が必要です。例えば、以下のようなものが共鳴構造となります。

 

 

ここで共鳴のルールですが、共鳴の構造式を関連付ける時は両矢印で表します。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

共鳴における電子の動き

先ほどの共鳴構造はどのようにして電子が動いたのでしょうか?

 

ここでも共鳴というか、電子の動きに関するルールです。電子1個の移動の時は方刃矢印で表します。電子2個の移動の時は両刃矢印で表します。共鳴ではよほどのことが無い限り電子2個の移動となるので、両刃矢印を使います。

 

まず酸素原子にある、2個の電子が単結合のところに行き、二重結合を作ります。そうすると、もとにあったところの炭素は二重結合が2つになってしまうため、二重結合の電子が炭素原子に入り炭素原子がマイナスとなります。

 

 

共鳴構造を考える上で、この動きは基本の形です。この二重結合、単結合、マイナスという形を叩き込んでおきましょう。

 

では例題を見ていきましょう

 

例題

次の化合物の共鳴構造を全てかけ

 

 

構造式を見ると、酸素原子がマイナス、単結合、二重結合という先ほどと同じ構造をとっています。そのため電子は動くことができ、以下のような形になります。

 

さらにできたものを良く見ると、同じようにマイナス、単結合、二重結合の形が見えます。そのため電子はさらに動くことができます。

 

できた構造式をさらにみると、またマイナス、単結合、二重結合の形が見え、電子は動くことができます。

 

最終的に共鳴構造として以下のものを書くことができます。これが答えです。

 

 

共鳴が苦手な人は、マイナス、単結合、二重結合の形を探しましょう。

 

まとめ

  • 共鳴をとることで電子が分散しエネルギー的に安定する。
  • 共鳴の構造式を関連付ける時は両矢印を用いる。
  • 共鳴構造を考える上で、二重結合、単結合、マイナスの形が基本。

 

 

Sponsored Link

共鳴構造の基本の考え方 関連ページ

有機化合物の命名法、アルカンとアルキル基
有機化合物の命名法をするには、最低限、数詞、アルカン、アルキル基は覚えてください。これらを覚えることで有機化合物の命名法の基礎ができてきます。
有機化合物の命名法、アルケン
分子内に二重結合を1つもつ炭化水素をアルケン(alkene)と呼び、CnH2nで表されます。アルケンの新しい命名法では○○-数字-エンという書き方をし、二重結合の位置を最小とするように番号をつけます。
有機化合物の命名法、アルキン
分子内に三重結合を1つ持つ炭化水素はアルキン(alkyne)と呼ばれ、CnH2n-2で表されます。アルキンの新しい命名法では、○○-数字-インという書き方をし、三重結合が一番小さくなるように番号をつけます。
有機化合物の命名法、アルコール
アルコールの官能基はOHであり、アルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)これらのeを省略してオール(ol)をつけて命名法が行われます。
有機化合物の命名法、チオール
チオールの官能基はSHでありアルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)にチオール(thiol)をつけて命名します。チオールはスカンクのおならの臭い、にんにくの臭いなど独特の臭いを持っていることがあります。
有機化合物の命名法、アミン
アミンの官能基はNH2であり、2つの命名法があります。アルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)これらのeを省略してアミン(amine)をつけて命名、もう一つはアルキル基についているととらえて命名します。
有機化合物の命名法、ケトン
ケトンの官能基はC=Oであり、アルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)これらのeを省略してオン(one)をつけて命名します。ケトンの命名法はC=Oの炭素を含む母体鎖にオンをつけます。
有機化合物の命名法、アルデヒド
アルデヒドの官能基はCHOで、アルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)これらのeを省略してアール(al)をつけて命名します。環状の場合は環の名称の後にカルボアルデヒド(carbaldehyde)をつけて命名します。
有機化合物の命名法、カルボン酸
カルボン酸の官能基はCOOHでアルカン(alkane)、アルケン(alkene)、アルキン(alkyne)これらのeを省略して酸(oic acid)をつけて命名、環状の場合は環の後にカルボン酸(carboxylic acid)をつけて命名します。
有機化合物の命名法、エステル
エステルはカルボン酸とアルコールから水が取れてできる化合物でR1-COO-R2といった形をとります。エステルの日本語の命名法は酸の名前に続けて、アルコールをアルキル基に変えたものを続けて読みます。
有機化合物の命名法、アミド
アミドは一般的にカルボン酸とアミンから水がとれてできる化合物であり、官能基としてはR1-CONH-R2という形で表されます。アミドはカルボン酸の語尾oic acidをアミド(amide)に変えて命名します。
有機化合物の命名法、官能基が複数ある場合
カルボン酸、エステル、アミド、アルデヒド、ケトン、アルコール、チオールなどの官能基が複数ある場合は優先順位に従って命名法をやらなければなりません。
Lewis構造式、電子殻と価電子
原子は陽子、中性子、電子からなります。電子は電子殻にしまわれ、その最大数は2n2(2の二乗)となります。Lewis構造式は価電子を点として表現する構造式になります。
s軌道、p軌道、d軌道とエネルギー準位
電子の軌道は、s軌道、p軌道、d軌道などの種類があり、それぞれ形があります。1s軌道→2s軌道→2p軌道→3s軌道→3p軌道→4s軌道→3d軌道・・・・・というようにエネルギー準位が低い軌道から順番に電子は埋められていきます。
電気陰性度、イオン化エネルギー、電子親和力、周期表のゴロ
周期表の水素からクリプトンまでのゴロをまとめました。電気陰性度、イオン化エネルギー、電子親和力は一般的に周期表の右上に行くほど強いです。電気陰性度のゴロもまとめました。
イオン結合、金属結合、共有結合(σ結合、π結合)
化学結合には、イオン結合、金属結合、共有結合などの種類があります。共有結合のうち、σ結合は単結合にあたる結合で回転ができます。π結合は二重結合や三重結合にあたり回転ができません。
sp3混成軌道、sp2混成軌道、sp混成軌道の考え方
sp3混成軌道、sp2混成軌道、sp混成軌道を考える時にはスピンを理解する必要があります。sp3混成軌道、sp2混成軌道、sp混成軌道のそれぞれの結合角を理解することで正しい構造式を描けます。
sp3混成軌道、sp2混成軌道、sp混成軌道例題編
sp3混成軌道、sp2混成軌道、sp混成軌道の例題として、メチルカチオン、メチルアニオン、三フッ化ホウ素、アンモニア、プロパジエンを見ていきます。sp3混成軌道、sp2混成軌道、sp混成軌道を考える時は、電子の数と腕の数に注意しましょう。

 
HOME プロフィール お問い合わせ