P1.ベータ遮断薬、特定競技における禁止物質

Sponsored Link

P1.ベータ遮断薬、特定競技における禁止物質

前回のS9.糖質コルチコイド、投与経路のうち経口、経直腸、静脈注射、筋肉注射が禁止では、S9について見てきました。今回はP1.ベータ遮断薬について見ていきたいと思います。

 

 

今まではS〇ということでSでSはsubstance(物質)でした。今回のはPです。PはParticular(特定競技)のPでしたね。そのため特定競技においての禁止物質となります。

 

β遮断薬

β遮断薬は、β受容体を遮断することで作用します。β受容体のうち、β1受容体が遮断されると、主に心拍数、心拍出量低下、房室伝導抑制などの作用が現れます。

 

 

その他にも振戦を抑えることができたりするので、主に手ブレに関わったり、一点集中が必要な特定の競技において禁止されています。特定競技の代表例には以下のようなものがあります。

 

  • アーチェリー(世界アーチェリー連盟;WA)
  • 自動車(国際自動車連盟;FIA)
  • ビリヤード(すべての種目)(世界ビリヤード・スポーツ連合;WCBS)
  • ダーツ(世界ダーツ連盟;WDF)
  • ゴルフ(国際ゴルフ連盟;IGF)
  • 射撃(国際射撃連盟;ISSF、国際パラリンピック委員会;IPC)
  • スキー/スノーボード(国際スキー連盟;FIS)ージャンプ、フリースタイル(エアリアル/ハーフパイプ)、スノーボード(ハーフパイプ/ビッグエアー)
  • 水中スポーツ(世界水中連盟;CMAS)コンスタント-ウェイトアプネア(フィンありフィンなし)、ダイナミックアプネア(フィンありフィンなし)、フリーイマージョンアプネア、ジャンプブルーアプネア、スピアフィッシング、スタティックアプネア、ターゲットシューティングよびバリアブルウェイトアプネア

 

 

代表例だけでも色々な競技があります。最後の方に出てきたアプネアが聞いたことなかったので、調べてみると潜水を意味するイタリア語のようです。おそらくダイビング系のスポーツということですね。ダイビングしたことないので、憧れがあります(笑)

 

注意事項

β遮断薬と聞くと循環器系のイメージが強いですが、緑内障治療薬にもβ遮断薬があります。代表例はチモプトール(チモロール)、ミケラン(カルテオロール)などです。緑内障治療薬の点眼薬も、このカテゴリーでは禁止物質となるため注意が必要です。

 

まとめ

  • β遮断薬は一点集中するような競技で禁止物質となりうる。
  • β遮断薬は循環器系以外にも、緑内障治療薬で使われるチモプトール(チモロール)、ミケラン(カルテオロール)などがあるため注意。

Sponsored Link

P1.ベータ遮断薬、特定競技における禁止物質 関連ページ

スポーツファーマシストとは?取得方法のまとめ
スポーツファーマシストとはアンチドーピングに関する研修を修めた薬剤師に与えられる資格認定制度です。スポーツファーマシストの取得方法などについてまとめています。
スポーツファーマシストが関わる規則、Codeとは?
スポーツファーマシストが関わる規則には様々なものがあります。WADAが作ったアンチドーピング活動における世界統一規則をWorld Anti-Doping Code(世界アンチドーピング規程)と呼び、Codeと略します。
禁止表国際基準(The List)総論
Codeに基づき、作られたのが禁止表国際基準(The List)です。禁止表国際基準(The List)は禁止物質などの一覧表であるため、ルールを知っておくことが大事です。
S0.無承認物質、S1.蛋白同化薬。スピロペント(クレンブテロール)に要注意
S0.無承認物質は、S1〜S9のどれにも対応せず、治療目的の使用が承認されていない薬物。S1.蛋白同化薬のうち、スピロペント(クレンブテロール)もこのカテゴリーに入るので、要注意。
S2.ペプチドホルモン、成長因子、関連物質および模倣物質、エリスロポエチンとドーピング
S2.ペプチドホルモン、成長因子、関連物質および模倣物質には、エリスロポエチンおよび赤血球造血に影響を与える物質、ペプチドホルモンおよびそれらの放出因子などがあります。
S3.ベータ2作用薬、ドーピングにならないβ2吸入薬がある。
セレベント(サルメテロール)、サルタノール(サルブタモール)、オーキシス(ホルモテロール)のβ2吸入薬については、禁止表の範囲内の使用ならドーピングとならない。ヒゲナミンを含むサプリメントや漢方薬に注意が必要
S4.ホルモン調製薬および代謝調整薬、男性ホルモンと禁止物質
S4.ホルモン調製薬および代謝調整薬では、男性ホルモンの分泌促進にバランスを傾ける薬は禁止物質となっています。代表例にはアロマターゼ阻害薬、SERM、インスリンなどがあります。
S5.利尿薬および隠蔽薬、緑内障治療薬の炭酸脱水素酵素阻害薬に注意
S5.利尿薬および隠蔽薬のうち、利尿薬は禁止物質を体内から早く排出させるため禁止です。しかし、緑内障治療薬の炭酸脱水素酵素阻害薬のエイゾプト(ブリンゾラミド)、トルソプト(ドルゾラミド)は外されています。
S6.興奮薬(a.特定物質でない興奮薬、b.特定物質である興奮薬)、市販の風邪薬のうっかりドーピングに気をつけよう
S6.興奮薬(a.特定物質でない興奮薬、b.特定物質である興奮薬)の作用機序には、直接作用型、間接作用型、混合作用型があります。市販の風邪薬(OTC)などにも禁止物質が含まれていることがあるため注意が必要です。
S7.麻薬、ソセゴン(ペンタゾシン)、レペタン(ブプレノルフィン)も禁止のため注意。
S7.麻薬に含まれる薬はオピオイド受容体に作用するものが多く、痛みを押し通してプレーすることが可能となってしまうため禁止。向精神薬のソセゴン(ペンタゾシン)、レペタン(ブプレノルフィン)などもS7に含まれる
S8.カンナビノイド、合成大麻ももちろん禁止物質
δ-9-テトラヒドロカンナビノールはカンナビノイド受容体に結合して作用すると考えられています。δ-9-テトラヒドロカンナビノールの構造式を少しいじったデザイナーズドラッグなどの合成大麻ももちろん禁止物質です。
S9.糖質コルチコイド、投与経路のうち経口、経直腸、静脈注射、筋肉注射が禁止
糖質コルチコイドは、エネルギー代謝に影響を与え、競技能力を向上させる可能性があるため禁止です。糖質コルチコイドの投与経路のうち、経口、経直腸、静脈注射、筋肉注射が禁止で、それ以外の投与経路は禁止されていない。

 
HOME プロフィール お問い合わせ