S3.ベータ2作用薬、ドーピングにならないβ2吸入薬がある。

Sponsored Link

S3.ベータ2作用薬、ドーピングにならないβ2吸入薬がある。

前回のS2.ペプチドホルモン、成長因子、関連物質および模倣物質、エリスロポエチンとドーピングでは、禁止物質のうち、S2を確認しました。今回はS3.ベータ2作用薬について見ていきます。

 

 

S3.ベータ2作用薬

β2作用薬がβ2受容体を刺激すると、気管支平滑筋や血管平滑筋を弛緩させ、肝臓における糖新生を促進する作用が起こります。そのためβ2作用薬は気管支喘息などに使われます。

 

 

しかし、副作用にβ2受容体を刺激しすぎることにより振戦が起きたり、β1受容体を刺激することにより動悸が起きたりします。これらの副作用や蛋白同化作用などの理由から禁止物質となりえます。しかし細かいルールがあるためスポーツファーマシストとして正しく理解しておく必要があります。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

β2作用薬で気をつけること

β2作用薬で気をつけることには以下のようなことがあります。

 

  • 禁止ではない薬
  • TUEを申請して承認を得なければならない薬
  • ヒゲナミン
  • スピロペント(クレンブテロール)

 

禁止ではない薬

先ほどの副作用などの理由から基本的にはβ2作用薬はすべて禁止されています。しかし喘息などでどうしても使わなくてはならない選手もいます。そのため、セレベント(サルメテロール)、サルタノール(サルブタモール)、オーキシス(ホルモテロール)の吸入薬については、禁止表の範囲内の使用であればドーピングになりません。

 

TUEを申請して承認を得なければならない薬

先ほどのセレベント(サルメテロール)、サルタノール(サルブタモール)、オーキシス(ホルモテロール)の吸入薬以外の吸入薬を使う時は、TUEの申請が必要となります。TUEは別ページでまとめますが、禁止物質や禁止方法を治療目的で使用することを申請して認められれれば使用できる特例です。申請するにも、セレベント(サルメテロール)、サルタノール(サルブタモール)、オーキシス(ホルモテロール)の吸入薬では治療できない理由などが必要となります。

 

吸入薬以外にもβ2作用薬には内服や貼付剤がありますが、これらも吸入薬で治療できない理由が認められた場合にのみ承認されるため注意が必要です。イメージとしては、以下のようになります。

 

 

ヒゲナミン

ヒゲナミンは生薬に含まれる成分で、サプリメントや漢方薬に含まれることがあるため注意が必要です。

 

スピロペント(クレンブテロール)

最後にスピロペント(クレンブテロール)です。スピロペント(クレンブテロール)は、S0.無承認物質、S1.蛋白同化薬。スピロペント(クレンブテロール)に要注意でも紹介したように、S1に含まれます。

 

まとめ

  • セレベント(サルメテロール)、サルタノール(サルブタモール)、オーキシス(ホルモテロール)の吸入薬については、禁止表の範囲内の使用ならドーピングとならない。
  • セレベント(サルメテロール)、サルタノール(サルブタモール)、オーキシス(ホルモテロール)の吸入薬以外の吸入薬はTUEが必要。
  • β2作用薬の内服薬や貼付剤は、吸入薬で治療できない理由が必要。
  • ヒゲナミンを含むサプリメントや漢方薬に注意が必要

Sponsored Link

S3.ベータ2作用薬、ドーピングにならないβ2吸入薬がある。 関連ページ

スポーツファーマシストとは?取得方法のまとめ
スポーツファーマシストとはアンチドーピングに関する研修を修めた薬剤師に与えられる資格認定制度です。スポーツファーマシストの取得方法などについてまとめています。
スポーツファーマシストが関わる規則、Codeとは?
スポーツファーマシストが関わる規則には様々なものがあります。WADAが作ったアンチドーピング活動における世界統一規則をWorld Anti-Doping Code(世界アンチドーピング規程)と呼び、Codeと略します。
禁止表国際基準(The List)総論
Codeに基づき、作られたのが禁止表国際基準(The List)です。禁止表国際基準(The List)は禁止物質などの一覧表であるため、ルールを知っておくことが大事です。
S0.無承認物質、S1.蛋白同化薬。スピロペント(クレンブテロール)に要注意
S0.無承認物質は、S1〜S9のどれにも対応せず、治療目的の使用が承認されていない薬物。S1.蛋白同化薬のうち、スピロペント(クレンブテロール)もこのカテゴリーに入るので、要注意。
S2.ペプチドホルモン、成長因子、関連物質および模倣物質、エリスロポエチンとドーピング
S2.ペプチドホルモン、成長因子、関連物質および模倣物質には、エリスロポエチンおよび赤血球造血に影響を与える物質、ペプチドホルモンおよびそれらの放出因子などがあります。
S4.ホルモン調製薬および代謝調整薬、男性ホルモンと禁止物質
S4.ホルモン調製薬および代謝調整薬では、男性ホルモンの分泌促進にバランスを傾ける薬は禁止物質となっています。代表例にはアロマターゼ阻害薬、SERM、インスリンなどがあります。
S5.利尿薬および隠蔽薬、緑内障治療薬の炭酸脱水素酵素阻害薬に注意
S5.利尿薬および隠蔽薬のうち、利尿薬は禁止物質を体内から早く排出させるため禁止です。しかし、緑内障治療薬の炭酸脱水素酵素阻害薬のエイゾプト(ブリンゾラミド)、トルソプト(ドルゾラミド)は外されています。
S6.興奮薬(a.特定物質でない興奮薬、b.特定物質である興奮薬)、市販の風邪薬のうっかりドーピングに気をつけよう
S6.興奮薬(a.特定物質でない興奮薬、b.特定物質である興奮薬)の作用機序には、直接作用型、間接作用型、混合作用型があります。市販の風邪薬(OTC)などにも禁止物質が含まれていることがあるため注意が必要です。

 
HOME プロフィール お問い合わせ