S0.無承認物質、S1.蛋白同化薬。スピロペント(クレンブテロール)に要注意

Sponsored Link

S0.無承認物質、S1.蛋白同化薬。スピロペント(クレンブテロール)に要注意

前回の禁止表国際基準(The List)総論では、禁止表国際基準(The List)の全体像を見ました。今回は、そのうちS0.無承認物質とS1.蛋白同化薬を見ていきます。

 

 

S0.無承認物質

S0.無承認物質は、S1〜S9のどれにも対応せず、治療目的の使用が承認されていない薬物を言います。例えば、臨床開発中の薬であったり、臨床開発が中止となった薬、動物への使用のみが承認されている物質などがあります。

 

 

S1.蛋白同化薬

S1.蛋白同化薬は以下の大きく2つにわけられます。

 

  • 蛋白同化男性化ステロイド薬
  • その他の蛋白同化薬

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

蛋白同化男性化ステロイド薬

蛋白同化男性化ステロイド薬はAnabolic Androgenic Steroids;AASとも略されます。体内に存在する蛋白同化男性化ステロイドの代表例は男性ホルモンのテストステロンです。

 

テストステロンはコレステロールから生合成され、合成や代謝でできるデヒドロエピアンドロステロン、アンドロステジオン、アンドロステンジオール、ジヒドロテストステロンも内因性の蛋白同化男性化ステロイドです。

 

 

蛋白同化男性化ステロイドの作用は、生殖器官の発達させる男性化作用、筋肉を発達させる蛋白同化作用などがあります。そのため、ドーピングとなるわけです。

 

蛋白同化男性化ステロイド薬の副作用は、先ほども男性化作用があると言ったように女性の男性化であったり、逆の男性の女性化も起きたりします。その他にも精神障害で、うつ病や自殺などの例も報告されています。そのため使用中だけでなく、使用をやめた後にもこれらの有害作用に悩まされる可能性があります。

 

その他の蛋白同化薬

ステロイドと言われると、薬剤師はピンと来ると思いますが、その他にも蛋白同化作用のある薬があり、「え?それそうだったの?」とならないように気をつけるべき薬があります。

 

色々とあるのですが、中でもスピロペント(クレンブテロール)は注意したい薬です。

 

 

スピロペント(クレンブテロール)はβ2刺激作用により、気管支喘息や腹圧性尿失禁などに適応があります。しかしスピロペント(クレンブテロール)は蛋白同化作用が強いため、S1.蛋白同化薬に分類されています。

 

なぜスピロペント(クレンブテロール)が蛋白同化作用が起こるのか、メーカーに聞いてみましたが明確な機序や理由はよくわからないということでした。気になる・・・

 

まとめ

  • S0.無承認物質は、S1〜S9のどれにも対応せず、治療目的の使用が承認されていない薬物
  • S1.蛋白同化薬のうち、スピロペント(クレンブテロール)もこのカテゴリーに入るので、要注意。

Sponsored Link

S0.無承認物質、S1.蛋白同化薬。スピロペント(クレンブテロール)に要注意 関連ページ

スポーツファーマシストとは?取得方法のまとめ
スポーツファーマシストとはアンチドーピングに関する研修を修めた薬剤師に与えられる資格認定制度です。スポーツファーマシストの取得方法などについてまとめています。
スポーツファーマシストが関わる規則、Codeとは?
スポーツファーマシストが関わる規則には様々なものがあります。WADAが作ったアンチドーピング活動における世界統一規則をWorld Anti-Doping Code(世界アンチドーピング規程)と呼び、Codeと略します。
禁止表国際基準(The List)総論
Codeに基づき、作られたのが禁止表国際基準(The List)です。禁止表国際基準(The List)は禁止物質などの一覧表であるため、ルールを知っておくことが大事です。
S2.ペプチドホルモン、成長因子、関連物質および模倣物質、エリスロポエチンとドーピング
S2.ペプチドホルモン、成長因子、関連物質および模倣物質には、エリスロポエチンおよび赤血球造血に影響を与える物質、ペプチドホルモンおよびそれらの放出因子などがあります。
S3.ベータ2作用薬、ドーピングにならないβ2吸入薬がある。
セレベント(サルメテロール)、サルタノール(サルブタモール)、オーキシス(ホルモテロール)のβ2吸入薬については、禁止表の範囲内の使用ならドーピングとならない。ヒゲナミンを含むサプリメントや漢方薬に注意が必要
S4.ホルモン調製薬および代謝調整薬、男性ホルモンと禁止物質
S4.ホルモン調製薬および代謝調整薬では、男性ホルモンの分泌促進にバランスを傾ける薬は禁止物質となっています。代表例にはアロマターゼ阻害薬、SERM、インスリンなどがあります。
S5.利尿薬および隠蔽薬、緑内障治療薬の炭酸脱水素酵素阻害薬に注意
S5.利尿薬および隠蔽薬のうち、利尿薬は禁止物質を体内から早く排出させるため禁止です。しかし、緑内障治療薬の炭酸脱水素酵素阻害薬のエイゾプト(ブリンゾラミド)、トルソプト(ドルゾラミド)は外されています。
S6.興奮薬(a.特定物質でない興奮薬、b.特定物質である興奮薬)、市販の風邪薬のうっかりドーピングに気をつけよう
S6.興奮薬(a.特定物質でない興奮薬、b.特定物質である興奮薬)の作用機序には、直接作用型、間接作用型、混合作用型があります。市販の風邪薬(OTC)などにも禁止物質が含まれていることがあるため注意が必要です。

 
HOME プロフィール お問い合わせ