S4.ホルモン調製薬および代謝調整薬、男性ホルモンと禁止物質

Sponsored Link

S4.ホルモン調製薬および代謝調整薬、男性ホルモンと禁止物質

前回のS3.ベータ2作用薬、ドーピングにならないβ2吸入薬がある。ではS3について見ました。今回は、S4.ホルモン調製薬および代謝調整薬について見ていきたいと思います。

 

 

男性ホルモンと女性ホルモン

S4の薬の前に男性ホルモンや女性ホルモンの関係について確認しておきます。

 

視床下部から黄体形成ホルモン放出ホルモン(LH-RH;Luteinizing Hormone-Releasing Hormone)が出てきます。ちなみに性腺刺激ホルモン放出ホルモン(Gn-RH;Gonadotropin Releasing Hormone)とLH-RHは同じです。

 

 

この黄体形成ホルモン放出ホルモン(LH-RH)が脳下垂体前葉にある、黄体形成ホルモン放出ホルモン受容体にくっつくと、黄体形成ホルモン(LH)が出てきます。ちなみにLHは男性に働く場合は、間質細胞刺激ホルモン(ICSH;Interstitial Cell stimulating Hormone)と呼ばれ、同じものです。黄体形成ホルモン(LH)の他にも、卵胞刺激ホルモン(FSH;Follicle Stimulating Hormone)も、脳下垂体前葉から放出されます。

 

最終的に、以下のものが出てきます。

 

  • 卵胞刺激ホルモンが卵胞に作用し、卵胞ホルモン
  • 黄体形成ホルモンが黄体に作用し、黄体ホルモン
  • 間質細胞刺激ホルモンが間質細胞に作用し、男性ホルモン

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

S4.ホルモン調製薬および代謝調整薬

ざっとホルモンの関係を確認したところで、S4の禁止物質について見ていきます。S4の禁止物質の代表例には以下のようなものがあります。

 

  • アロマターゼ阻害薬
  • 選択的エストロゲン受容体調節薬(SERMs)
  • インスリン類

 

アロマターゼ阻害薬

先ほどの卵胞ホルモンはエストロゲンと呼ばれ、主なものにエストラジオール、エストロン、エストリオールなどがあります。

 

それに対して男性ホルモンはアンドロゲンと呼ばれ、主なものにテストステロンがあります。

 

エストロゲンは、アンドロゲンにアロマターゼと呼ばれる酵素が作用して作られます。アロマターゼ阻害薬はアロマターゼを阻害することで、エストロゲンの合成を阻害します。

 

 

この図からもわかるようにアロマターゼ阻害薬を使うことでアンドロゲンが変換されず維持されるようになってしまうため禁止となっています。

 

選択的エストロゲン受容体調節薬(SERMs)

閉経して女性ホルモンが低下すると、骨粗鬆症などのリスクが高まります。これらの薬は骨のエストロゲン受容体に作用することで、閉経後骨粗鬆症などに使われます。

 

ただし、相対的に男性ホルモン側にバランスを傾けてしまうために禁止物質となっています。

 

インスリン類

インスリンと言えば、血糖値を下げる薬として有名ですが、その他にも骨格筋においてグルコースの利用とアミノ酸の合成や貯蔵を促進します。その結果タンパク合成が進むため禁止物質となっています。

 

まとめ

  • 男性ホルモンの生成や分泌促進にバランスを傾ける薬は禁止物質となりうる。

Sponsored Link

S4.ホルモン調製薬および代謝調整薬、男性ホルモンと禁止物質 関連ページ

スポーツファーマシストとは?取得方法のまとめ
スポーツファーマシストとはアンチドーピングに関する研修を修めた薬剤師に与えられる資格認定制度です。スポーツファーマシストの取得方法などについてまとめています。
スポーツファーマシストが関わる規則、Codeとは?
スポーツファーマシストが関わる規則には様々なものがあります。WADAが作ったアンチドーピング活動における世界統一規則をWorld Anti-Doping Code(世界アンチドーピング規程)と呼び、Codeと略します。
禁止表国際基準(The List)総論
Codeに基づき、作られたのが禁止表国際基準(The List)です。禁止表国際基準(The List)は禁止物質などの一覧表であるため、ルールを知っておくことが大事です。
S0.無承認物質、S1.蛋白同化薬。スピロペント(クレンブテロール)に要注意
S0.無承認物質は、S1〜S9のどれにも対応せず、治療目的の使用が承認されていない薬物。S1.蛋白同化薬のうち、スピロペント(クレンブテロール)もこのカテゴリーに入るので、要注意。
S2.ペプチドホルモン、成長因子、関連物質および模倣物質、エリスロポエチンとドーピング
S2.ペプチドホルモン、成長因子、関連物質および模倣物質には、エリスロポエチンおよび赤血球造血に影響を与える物質、ペプチドホルモンおよびそれらの放出因子などがあります。
S3.ベータ2作用薬、ドーピングにならないβ2吸入薬がある。
セレベント(サルメテロール)、サルタノール(サルブタモール)、オーキシス(ホルモテロール)のβ2吸入薬については、禁止表の範囲内の使用ならドーピングとならない。ヒゲナミンを含むサプリメントや漢方薬に注意が必要
S5.利尿薬および隠蔽薬、緑内障治療薬の炭酸脱水素酵素阻害薬に注意
S5.利尿薬および隠蔽薬のうち、利尿薬は禁止物質を体内から早く排出させるため禁止です。しかし、緑内障治療薬の炭酸脱水素酵素阻害薬のエイゾプト(ブリンゾラミド)、トルソプト(ドルゾラミド)は外されています。
S6.興奮薬(a.特定物質でない興奮薬、b.特定物質である興奮薬)、市販の風邪薬のうっかりドーピングに気をつけよう
S6.興奮薬(a.特定物質でない興奮薬、b.特定物質である興奮薬)の作用機序には、直接作用型、間接作用型、混合作用型があります。市販の風邪薬(OTC)などにも禁止物質が含まれていることがあるため注意が必要です。

 
HOME プロフィール お問い合わせ