S8.カンナビノイド、合成大麻ももちろん禁止物質

Sponsored Link

S8.カンナビノイド、合成大麻ももちろん禁止物質

前回のS7.麻薬、ソセゴン(ペンタゾシン)、レペタン(ブプレノルフィン)も禁止のため注意。では、S7について見てきました。今回はS8.カンナビノイドについて見ていきたいと思います。

 

 

カンナビノイドと聞くと、医療関係者以外はピンと来ないかもしれませんが、いわゆる大麻の成分となります。前回の麻薬ダメゼッタイに続き、大麻も大麻取締法でそもそも規制されているのでドーピングうんぬんというよりも、そちらの関連でダメゼッタイです。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

カンナビノイド受容体

大麻は大麻草を原料とし、花、茎、種子、葉などを乾燥して切り刻んだものがマリファナ、成分を凝縮して樹脂状となったものがハッシシと呼ばれています。

 

 

これらの大麻の中に含まれるカンナビノイド類には様々なものがありますが、中でもδ-9-テトラヒドロカンナビノールが薬理作用に大きく関わるとされていて、δ-9-テトラヒドロカンナビノールは、カンナビノイド受容体に結合して作用すると考えられています。

 

δ-9-テトラヒドロカンナビノールに結合するカンナビノイド受容体は大脳皮質、海馬、線条体、小脳などに分布していて、様々な作用をもたらします。芸能人などが手を出すように、気分の高揚、多幸感、幻覚などが現れますが、空間や時間認識の異常、認知判断の異常、記憶障害、協調運動障害、不安や恐怖の増強、錯乱状態などの症状も現れます。

 

 

これらの作用があることから、アスリートがプレッシャーから逃れるために手を出して、精神的依存状態となってしまうことがあるので、使用禁止となっています。しかし冒頭でも申し上げたように、そもそもダメゼッタイです。

 

注意事項

大麻取締法などの法律から逃れるために、構造式を少しいじったデザイナーズドラッグがあり、いたちごっこが続いています。もちろん、構造式を少しいじっても禁止物質には変わりありません。そのため大麻でなくても、これらのデザイナーズドラッグなどの合成大麻の可能性もあるため、これらの怪しい類のものには絶対に手を出してはいけません

 

この手の話をすると、薬局実習時代の学校薬剤師体験のことを思い出します。今でも、子供たちの感想文を覚えています。

 

「将来、先生たちのように、かっこいい薬剤師になりたいです。どうすればなれますか?」

 

私がかっこいいかどうかはさておき、今頃かっこいい薬剤師目指して、薬学部で頑張ってくれているかな?アスリートだけに啓蒙するのではなく、小さいころからの啓蒙は大事ですね。

 

まとめ

  • δ-9-テトラヒドロカンナビノールはカンナビノイド受容体に結合して作用すると考えられている。
  • 構造式を少しいじった合成大麻ももちろん禁止物質

Sponsored Link

S8.カンナビノイド、合成大麻ももちろん禁止物質 関連ページ

スポーツファーマシストとは?取得方法のまとめ
スポーツファーマシストとはアンチドーピングに関する研修を修めた薬剤師に与えられる資格認定制度です。スポーツファーマシストの取得方法などについてまとめています。
スポーツファーマシストが関わる規則、Codeとは?
スポーツファーマシストが関わる規則には様々なものがあります。WADAが作ったアンチドーピング活動における世界統一規則をWorld Anti-Doping Code(世界アンチドーピング規程)と呼び、Codeと略します。
禁止表国際基準(The List)総論
Codeに基づき、作られたのが禁止表国際基準(The List)です。禁止表国際基準(The List)は禁止物質などの一覧表であるため、ルールを知っておくことが大事です。
S0.無承認物質、S1.蛋白同化薬。スピロペント(クレンブテロール)に要注意
S0.無承認物質は、S1〜S9のどれにも対応せず、治療目的の使用が承認されていない薬物。S1.蛋白同化薬のうち、スピロペント(クレンブテロール)もこのカテゴリーに入るので、要注意。
S2.ペプチドホルモン、成長因子、関連物質および模倣物質、エリスロポエチンとドーピング
S2.ペプチドホルモン、成長因子、関連物質および模倣物質には、エリスロポエチンおよび赤血球造血に影響を与える物質、ペプチドホルモンおよびそれらの放出因子などがあります。
S3.ベータ2作用薬、ドーピングにならないβ2吸入薬がある。
セレベント(サルメテロール)、サルタノール(サルブタモール)、オーキシス(ホルモテロール)のβ2吸入薬については、禁止表の範囲内の使用ならドーピングとならない。ヒゲナミンを含むサプリメントや漢方薬に注意が必要
S4.ホルモン調製薬および代謝調整薬、男性ホルモンと禁止物質
S4.ホルモン調製薬および代謝調整薬では、男性ホルモンの分泌促進にバランスを傾ける薬は禁止物質となっています。代表例にはアロマターゼ阻害薬、SERM、インスリンなどがあります。
S5.利尿薬および隠蔽薬、緑内障治療薬の炭酸脱水素酵素阻害薬に注意
S5.利尿薬および隠蔽薬のうち、利尿薬は禁止物質を体内から早く排出させるため禁止です。しかし、緑内障治療薬の炭酸脱水素酵素阻害薬のエイゾプト(ブリンゾラミド)、トルソプト(ドルゾラミド)は外されています。
S6.興奮薬(a.特定物質でない興奮薬、b.特定物質である興奮薬)、市販の風邪薬のうっかりドーピングに気をつけよう
S6.興奮薬(a.特定物質でない興奮薬、b.特定物質である興奮薬)の作用機序には、直接作用型、間接作用型、混合作用型があります。市販の風邪薬(OTC)などにも禁止物質が含まれていることがあるため注意が必要です。
S7.麻薬、ソセゴン(ペンタゾシン)、レペタン(ブプレノルフィン)も禁止のため注意。
S7.麻薬に含まれる薬はオピオイド受容体に作用するものが多く、痛みを押し通してプレーすることが可能となってしまうため禁止。向精神薬のソセゴン(ペンタゾシン)、レペタン(ブプレノルフィン)などもS7に含まれる

 
HOME プロフィール お問い合わせ