タバコはテオドール(テオフィリン)などの薬と相互作用があるため注意が必要。

Sponsored Link

タバコと薬の相互作用、テオドール(テオフィリン)に気をつけよう

タバコは好き嫌いがわかれる嗜好品で、吸う人は吸うだろうし、吸わない人は吸わないと思います。ちなみに私は吸いません。

 

 

タバコに火をつけると、約4000種類の化学物質が発生すると言われていて、代表的なものには、一酸化炭素、二酸化炭素、アンモニア、タール、ニコチン等があります。

 

ニコチン

ニコチンは自律神経の興奮や遮断作用を持ちます。自律神経系は神経細胞を交代しながら、目的の臓器にたどり着きますが、これらの神経細胞と神経細胞の間には、神経節と呼ばれるところがあります。

 

 

ニコチンは自律神経節において、少量であればニコチン受容体を刺激しますが、大量であればニコチン受容体を遮断します。

 

少量のニコチン
交感神経
  • 血管;収縮
  • 汗腺;分泌増加

 

副交感神経
  • 心臓;心拍数減少
  • 瞳孔括約筋;収縮(縮瞳)
  • 毛様体筋;収縮(眼内圧下降)
  • 唾液腺;分泌増加
  • 消化管;運動亢進
  • 排尿筋;収縮

 

大量のニコチン
交感神経
  • 血管;拡張
  • 汗腺;分泌減少

 

副交感神経
  • 心臓;心拍数増加
  • 瞳孔括約筋;弛緩(散瞳)
  • 毛様体筋;弛緩(眼内圧上昇)
  • 唾液腺;分泌抑制
  • 消化管;運動低下
  • 排尿筋;弛緩

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

タバコと薬の相互作用

タールなどの物質は、薬物代謝酵素であるCYP1A2やCYP2E1などのチトクロームP450を誘導します。よって、その薬物代謝酵素で代謝される薬の一部は影響を受けます。

 

 

タバコと薬の相互作用が起こりうるものには以下のようなものがあります。

 

  • テオドール(テオフィリン);CYP1A2を誘導し、テオフィリンの分解が早まり効力低下
  • コントール(クロルジアゼポキシド);機序不明
  • セルシン(ジアゼパム);機序不明
  • バイアスピリン(アスピリン);アスピリンの抗血液凝固作用を抑制
  • ソセゴン(ペンタゾシン);薬物代謝酵素が誘導され、血中濃度低下
  • トリプタノール(アミトリプチリン);薬物代謝酵素が誘導され、血中濃度低下
  • ジプレキサ(オランザピン);CYP1A2を誘導し、オランザピンの分解が早まり効力低下
  • インデラル(プロプラノロール);CYP1A2を誘導し、プロプラノロールの分解が早まり効力低下
  • キシロカイン(リドカイン);薬物代謝酵素が誘導され、血中濃度低下
  • インスリン;ニコチンがカテコールアミンの遊離を促進し、グリコーゲンの分解を促進するため、インスリンの必要量が増える
  • 経口避妊薬;心血管系のイベントが増大するため、35歳以上で15本以上の喫煙は禁忌

 

特にテオドール(テオフィリン)は、患者背景としてタバコを吸っている患者が多いため注意が必要です。

 

禁煙はできればいいことに間違えないですが、急な禁煙をしてしまうと今度はテオドール(テオフィリン)の分解がなくなり、血中濃度が高まります。血中濃度が高まれば、テオフィリン中毒の危険性があります。そのため血中濃度のモニタリングをし、医師と相談しながら禁煙していくことが望ましいです。

 

まとめ

  • タバコは火をつけると、一酸化炭素、二酸化炭素、アンモニア、タール、ニコチンなどの物質を生じる。
  • ニコチンは、少量ではニコチン受容体を刺激するが、大量ではニコチン受容体を遮断する。
  • タバコは薬物代謝酵素を誘導するため、テオドール(テオフィリン)などの一部の薬は影響を受ける。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

Sponsored Link

タバコと薬の相互作用、テオドール(テオフィリン)に気をつけよう 関連ページ

不眠の原因を探る、睡眠環境や生活習慣
不眠の患者さんは多くいます。睡眠薬に頼らない自然な眠りを取ることができるのが一番です。不眠を解消するための睡眠環境や生活習慣の確認をして見直すことが重要です。
糖尿病の食事療法と運動療法
糖尿病は食事療法や運動療法を行うことが重要です。食事療法は食物繊維やGI値が重要です。運動療法は、有酸素運動や筋トレを取り入れていくことが大事です。
脂質異常症の食事療法と運動療法
脂質異常症も糖尿病と同様に、食事療法や運動療法が大事です。食事療法としては、摂取カロリーを減らすことが最も大事です。また運動療法は有酸素運動をベースにして、余裕のある人は強度の強い運動をするとよいでしょう。
高血圧の食事療法と運動療法
高血圧は禁煙や降圧薬ももちろんですが、食事療法や運動療法も大事です。食事療法は、食塩を控え、野菜を多めに、アルコールはほどほどにします。運動療法はぶっ続けでできると、より効果があがります。
高齢者の運動、体幹と腹横筋トレーニング
高齢者も、その人にあった運動をすることが大事です。膝や腰の痛みには正しい姿勢を保つことが重要です。正しい姿勢を保つには腹横筋をトレーニングして体幹を鍛えるとよいです。
アルコールと薬の相互作用、転倒に注意!!
アルコールは、アセトアルデヒド、そして酢酸へと代謝されますが個人差があります。アルコールと薬の相互作用は中枢神経抑制作用が強まるため、転倒などに気をつける必要があります。
カフェインと薬の相互作用、CYP1A2に気をつける
カフェインは中枢神経興奮作用などを持ちます。カフェインは主にCYP1A2により代謝されるため、CYP1A2に関わる薬と相互作用を起こす可能性があります。

 
HOME プロフィール お問い合わせ