高血圧は禁煙などに加え、食事療法や運動療法も大事。

Sponsored Link

高血圧の食事療法と運動療法

別ページ、血圧の基本、高血圧と低血圧でも述べたように、多くの患者さんにとって、血圧はとても関心が高い項目です。血圧を下げるために日々努力をしている人もいれば、していない人もいます。

 

血圧を下げるためには、降圧薬を飲んだり、禁煙することはもちろんですが、食事療法や運動療法も大事になってきます。

 

 

血圧を改善する食事療法

  • 食塩6g/日未満
  • 野菜や果物をとる
  • アルコール制限

 

 

食塩はソースや醤油、ドレッシング、それに加工食品などありとあらゆるものに含まれており、思ったより接種しています。ファミレスや、食品の裏に食塩の量が書かれていることがあり、見てみるとわかりますが、6g/日というのは結構厳しいです。そのため、それくらい減らさないといけないんだと意識を持たなければなりません。

 

野菜や果物はカリウムをより多く含んでいることが多いです。カリウムは食塩(NaCl)のナトリウムを対外に排泄させやすくする作用があります。ただし、医師から食事制限がかけられている場合があるので注意が必要です。例えば、腎機能が悪いとカリウムは増えすぎてしまうので、制限がかけられていることがあります。

 

アルコールも血圧コントロールに関係すると考えられていて、男性であれば1日30gまで、女性であれば1日20gまでが良いといわれています。だいたいですが、アルコール10gはビール250ml、焼酎25度50ml、日本酒0.5合、ウィスキーシングル1杯、ワイングラス1杯です。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

血圧を改善する運動療法

  • 1日60分を週3回または、1日30分を週6回

 

運動はできればぶっ通しが良いです。ぶっ通しとなると、運動をまったくしていない人はウォーキングが始めやすいと思います。例えば、ウォーキング60分であれば、歩き始めたら、途中で休むことなく60分歩いた方が効果があがります。

 

できたら、ウォーキングは歩幅を広くして早歩きすることが理想ですが、何も運動していないときと比べたら、ゆっくり歩くだけでも効果はあります。慣れてきたら、徐々に歩幅や速度をあげていきましょう。他のページの運動療法でもさんざん言っていますが、運動する時間がなければ、通勤時間を早歩きしましょう。

 

 

ただし運動中に息切れしたり、きついと感じたら、無理する必要はないので休んでよいです。他にも医師から虚血性心疾患などで運動してはいけないといわれている場合は行ってはいけません。

 

まとめ

  • 血圧を下げるためには、禁煙や食事療法、運動療法が重要。
  • 食事療法は塩分を抑え、野菜や果物を多めに、アルコールはほどほどにする。
  • 運動療法はぶっ続けでできる運動をするとより効果があがる。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

高血圧の食事療法と運動療法 関連ページ

不眠の原因を探る、睡眠環境や生活習慣
不眠の患者さんは多くいます。睡眠薬に頼らない自然な眠りを取ることができるのが一番です。不眠を解消するための睡眠環境や生活習慣の確認をして見直すことが重要です。
糖尿病の食事療法と運動療法
糖尿病は食事療法や運動療法を行うことが重要です。食事療法は食物繊維やGI値が重要です。運動療法は、有酸素運動や筋トレを取り入れていくことが大事です。
脂質異常症の食事療法と運動療法
脂質異常症も糖尿病と同様に、食事療法や運動療法が大事です。食事療法としては、摂取カロリーを減らすことが最も大事です。また運動療法は有酸素運動をベースにして、余裕のある人は強度の強い運動をするとよいでしょう。
高齢者の運動、体幹と腹横筋トレーニング
高齢者も、その人にあった運動をすることが大事です。膝や腰の痛みには正しい姿勢を保つことが重要です。正しい姿勢を保つには腹横筋をトレーニングして体幹を鍛えるとよいです。
タバコと薬の相互作用、テオドール(テオフィリン)に気をつけよう
タバコは火をつけると、タールやニコチンなどの物質を生じます。タバコは薬物代謝酵素を誘導するため、テオドール(テオフィリン)などの薬と相互作用に注意が必要です。
アルコールと薬の相互作用、転倒に注意!!
アルコールは、アセトアルデヒド、そして酢酸へと代謝されますが個人差があります。アルコールと薬の相互作用は中枢神経抑制作用が強まるため、転倒などに気をつける必要があります。
カフェインと薬の相互作用、CYP1A2に気をつける
カフェインは中枢神経興奮作用などを持ちます。カフェインは主にCYP1A2により代謝されるため、CYP1A2に関わる薬と相互作用を起こす可能性があります。
グレープフルーツジュースと薬の相互作用、CYP3A4の復活まで時間がかかる
グレープフルーツジュースは、CYP3A4を阻害し、復活するまでに時間がかかります。そのため、グレープフルーツジュースと薬の相互作用を起こすと、薬の血中濃度が上がる可能性があります。

 
HOME プロフィール お問い合わせ