アルコールと薬の相互作用は主に中枢神経抑制作用が強まる

Sponsored Link

アルコールと薬の相互作用、転倒に注意!!

アルコールは多くの人が摂取している可能性のある嗜好品です。私は普段は飲まず、飲み会などがあれば飲みます。強さとしては、中の上くらいだと自覚しています(笑)

 

 

アルコールの代謝

アルコールは胃からも吸収されますが、吸収が最も多く早いのは十二指腸から空腸です。

 

吸収されたアルコールは肝臓で、アルコール脱水素酵素(ADH;alcohol dehydrogenase)ミクロソーム-エタノール酸化系(MEOS;microsomal ethanol-oxidizing system)アセトアルデヒドとなります。アルコールの代謝は、通常アルコール脱水素酵素がメインになります。しかし、ミクロソーム-エタノール酸化系は、アルコールを飲むことで活動が強まると言われています。これが酒を飲み続けると強くなると言われている所以なのかもしれません。

 

 

生成したアセトアルデヒドはいわゆる二日酔いの症状の原因となるため、さらにアルデヒド脱水素酵素(ALDH;aldehyde dehydrogenase)によって酢酸に代謝されます。アルデヒド脱水素酵素は、1型2型があり、1型はアルデヒドを効率よく分解できますが、2型は効率がよくありません。日本人は約半数くらいしか1型を持っておらず、1型欠損者は同じ量のアルコールを飲んだ時、血中アルデヒド濃度は15倍以上違うと言われています。

 

このような形で代謝されていきますが、アルコールの代謝には個人差が出てきます。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

アルコールと薬の相互作用

アルコールによる中枢神経抑制作用などが主な問題となってきます。

 

 

アルコールと相互作用を持つ薬には以下のようなものがあります。

 

  • カロナール(アセトアミノフェン);アルコール常飲によるCYP2E1誘導により肝毒性を持つN-アセチル-p-ベンゾキノンイミンへの代謝促進
  • ベンゾジアゼピン系;アルコールはGABAA受容体に作用すること等により中枢神経抑制を示す
  • 非ベンゾジアゼピン系;中枢神経抑制作用を増強させる
  • フラジール(メトロニダゾール);アルデヒド脱水素酵素を阻害して、血中のアセトアルデヒドの濃度が上昇する
  • セフメタゾン(セフメタゾール);機序不明。ジスルフィラム様作用
  • シアナマイド(シアナミド);嫌酒薬。アルデヒド脱水素酵素を阻害して、アセトアルデヒドを蓄積させる
  • ノックビン(ジスルフィラム);嫌酒薬。アルデヒド脱水素酵素を阻害して、アセトアルデヒドを蓄積させる
  • フェノチアジン系抗精神病薬;中枢神経抑制作用を増強させる
  • ニトロペン(ニトログリセリン);血圧低下が増強されることがある
  • タキソール(パクリタキセル);溶剤として無水エタノールを含有し、中枢神経系への影響やアレルギーの患者には注意
  • タキソテール(ドセタキセル);溶剤として無水エタノールを含有し、中枢神経系への影響やアレルギーの患者には注意
  • ジェブタナ(カバジタキセル);溶剤として無水エタノールを含有し、中枢神経系への影響やアレルギーの患者には注意
  • ザジテン(ケトチフェン);中枢神経抑制作用を増強させる
  • ゼスラン(メキタジン);中枢神経抑制作用を増強させる
  • レミカット(エメダスチン);中枢神経抑制作用を増強させる
  • ヒベルナ(プロメタジン);中枢神経抑制作用を増強させる
  • アタラックス(ヒドロキシジン);中枢神経抑制作用を増強させる
  • ペリアクチン(シプロヘプタジン);中枢神経抑制作用を増強させる
  • テグレトール(カルバマゼピン);中枢神経抑制作用を増強させる
  • 三環系抗うつ薬;中枢神経抑制作用を増強させる
  • 四環系抗うつ薬;中枢神経抑制作用を増強させる

 

私の経験上一番多いのは、ベンゾジアゼピン系とアルコールの組み合わせです。結構この組み合わせをやっている人は多く、特に高齢者は転倒などしないように呼び掛ける必要があります。

 

まとめ

  • アルコールは、アセトアルデヒド、そして酢酸へと代謝されていくが、個人差がある。
  • アルコールと薬を併用することで、主に中枢神経抑制作用が強まるため転倒に気をつける必要がある。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

アルコールと薬の相互作用、転倒に注意!! 関連ページ

不眠の原因を探る、睡眠環境や生活習慣
不眠の患者さんは多くいます。睡眠薬に頼らない自然な眠りを取ることができるのが一番です。不眠を解消するための睡眠環境や生活習慣の確認をして見直すことが重要です。
糖尿病の食事療法と運動療法
糖尿病は食事療法や運動療法を行うことが重要です。食事療法は食物繊維やGI値が重要です。運動療法は、有酸素運動や筋トレを取り入れていくことが大事です。
脂質異常症の食事療法と運動療法
脂質異常症も糖尿病と同様に、食事療法や運動療法が大事です。食事療法としては、摂取カロリーを減らすことが最も大事です。また運動療法は有酸素運動をベースにして、余裕のある人は強度の強い運動をするとよいでしょう。
高血圧の食事療法と運動療法
高血圧は禁煙や降圧薬ももちろんですが、食事療法や運動療法も大事です。食事療法は、食塩を控え、野菜を多めに、アルコールはほどほどにします。運動療法はぶっ続けでできると、より効果があがります。
高齢者の運動、体幹と腹横筋トレーニング
高齢者も、その人にあった運動をすることが大事です。膝や腰の痛みには正しい姿勢を保つことが重要です。正しい姿勢を保つには腹横筋をトレーニングして体幹を鍛えるとよいです。
タバコと薬の相互作用、テオドール(テオフィリン)に気をつけよう
タバコは火をつけると、タールやニコチンなどの物質を生じます。タバコは薬物代謝酵素を誘導するため、テオドール(テオフィリン)などの薬と相互作用に注意が必要です。
カフェインと薬の相互作用、CYP1A2に気をつける
カフェインは中枢神経興奮作用などを持ちます。カフェインは主にCYP1A2により代謝されるため、CYP1A2に関わる薬と相互作用を起こす可能性があります。
グレープフルーツジュースと薬の相互作用、CYP3A4の復活まで時間がかかる
グレープフルーツジュースは、CYP3A4を阻害し、復活するまでに時間がかかります。そのため、グレープフルーツジュースと薬の相互作用を起こすと、薬の血中濃度が上がる可能性があります。

 
HOME プロフィール お問い合わせ