アロマテラピーの香りとメカニズムのまとめ

Sponsored Link

アロマテラピーの香りとメカニズム

前回のアロマテラピーの方法と精油では、主に精油とはどういうものかと、精油をどのように使ってアロマテラピーするかの方法を学びました。

 

 

今回は、精油がどのようにして心身に作用するのかをまずみていきます。

 

アロマテラピーのメカニズム

心身に影響を与える経路として、3つのものが考えられています。

 

  • 嗅覚から脳への経路
  • 皮膚から血液への経路
  • 肺から血液への経路

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

嗅覚から脳への経路

鼻から精油の成分を吸い込むと、その成分が鼻腔にある粘膜に付着します。ここで嗅毛と呼ばれる毛が成分を受け取って、その情報が大脳に送られます。

 

大脳に送られた情報は嗅神経線維を伝わって、大脳辺縁系に伝わり、さらに視床下部へと伝わります。

 

視床下部に情報が伝わると、自律神経系、内分泌系、免疫系などの働きを調整すると考えられています。

 

 

皮膚から血液への経路

皮膚の表面から吸収された精油は角質層を通過します。ここで肌の引き締め効果などが得られます。

 

さらに浸透していくと毛細血管にたどり着き、血管やリンパ管にも入っていき、全身を巡ります。最終的には肝臓に代謝され尿中排泄されます。

 

 

肺から血液への経路

呼吸をして肺に到達した香りの成分は、肺胞の粘膜から血液に入り、全身に影響を与えます。

 

最終的には肝臓に代謝され尿中排泄されます。

 

次は精油の香りについてです。

 

 

香りの分類

精油の香りは大きく7つに分類されます。

 

  • フローラル系
  • エキゾチック系
  • 樹脂系
  • スパイス系
  • 樹木系
  • ハーブ系
  • 柑橘系

 

同じ系統の香りは、混ぜるときにも相性が良いと言われています。図で言うと、隣同士の精油は相性がよいでしょう。

 

 

フローラル系

ローズ、ネロリ、ラベンダー、カモミール、ジャスミン、ゼラニウムなど

 

花の香りに近く、華やかで甘い香りがするものが多いです。

 

エキゾチック系

イランイラン、サンダルウッド、ベチバー、パチュリなど

 

異国を思わせるような個性的な香りです。鎮静作用に優れています。

 

樹脂系

フランキンセンス、ミルラ、ベンゾインなど

 

樹脂を原料とした独特の香りをもちます。粘度が高く、ハンドクリームなどに使われます。

 

スパイス系

ブラックペッパー、シナモン、ナツメグ、ジンジャー、スィートフェンネルなど

 

料理で使われるイメージのものが多く独特の香りを持ちます。やる気が出て、体を温めるような香りです。

 

樹木系

サイプレス、ヒノキ、ジュニパーベリー、パイン、ユーカリ、ティートリーなど

 

森の中をイメージさせるような渋めの香りです。リラックスさせるような香りです。

 

ハーブ系

ペパーミント、ローズマリー、スィートマジョラム、セージ、タイムなど

 

薬草をイメージさせるすっきりとした香りが多いです。頭をシャキッとさせるような香りです。

 

柑橘系

オレンジ・スイート、レモン、グレープフルーツ、ベルガモット、レモングラスなど

 

爽やかでみずみずしい香りのものが多いです。気分を前向きにしてくれるような香りです。

 

まとめ

  • アロマテラピーのメカニズムは、嗅覚、皮膚、肺などの経路で効果を示す。
  • 精油の香りは、フローラル系、エキゾチック系、樹脂系、スパイス系、樹木系、ハーブ系、柑橘系などがある。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

アロマテラピーの香りとメカニズム 関連ページ

アロマテラピーの方法と精油
アロマテラピーは芳香療法と呼ばれ、精油が使われます。この精油を用いて、芳香浴、沐浴、吸入、オイルマッサージといった方法がアロマテラピーにはあります。
アロマテラピーに使われる精油の香りと効果
アロマテラピーに使われる精油の香りや効果、その他特徴には様々なものがあります。精油の香りや効果、その他注意点を覚えることができれば、より適切なアロマテラピーができます。
ハーブの剤形と保存法
ハーブとは生活に役立つ香りのある植物をさします。ハーブは様々な剤形に変えられて使われ、症状に合わせて適切に使うことでより効果的となります。また、正しく保存をすることで最大限の効果を発揮します。
代表的なハーブと効果のまとめ
ハーブには、様々な種類のものがあり、様々な効果があります。今回は、代表的なハーブと、その効果についてまとめていきます。ハーブティーの香りも一部載せました。

 
HOME プロフィール お問い合わせ